有名な2つのポリフェノールを徹底比較!

有名な2つのポリフェノールを徹底比較!

有名な2つのポリフェノールを徹底比較!

ポリフェノールは植物の多くが含んでいます。そのため、数は5,000種類以上もあります。
最近注目度が高まっている「コーヒーポリフェノール」と、1990年代から話題になっている「赤ワインポリフェノール」の2種類を徹底比較してみました。
どちらも身近かつ有名なポリフェノールですが、それぞれ違いがあります。

 

コーヒーポリフェノール

 

特徴

「クロロゲン酸」というポリフェノールを含んでいる。

効果

クロロゲン酸には消化器系や代謝疾患に有効に働きかける力があります。
さらに脂肪燃焼にも有効性が期待できるため、だいえっとや肥満対策にも適しています。

注意事項

コーヒーポリフェノールも持続性が低いので、こまめに摂取した方が効果的です。また、カフェインの摂り過ぎには注意が必要です。

赤ワインポリフェノール

 

特徴

1種類のみならず複数のポリフェノールを含んでいることがです。カテキンやアントシアニン、レスベラトロールなどなど。

効果

レスベラトロールはポリフェノール界でも優秀で、長生きをサポートする働き

注意事項

赤ワイン2杯程度で充分にポリフェノールを摂れるのですが、お酒を飲む=アルコールの摂取になるので、健康や美容のためにはノンアルコールのサプリメントが薦められています。