ポリフェノールの高血圧予防効果

ポリフェノールの高血圧予防効果

ポリフェノールの高血圧予防効果

現在日本では高血圧患者が増加傾向にあるようです。健康診断などで血圧値が高いと指摘されたことはないでしょうか。

 

日本人の3人に1人は高血圧とされ、とくに両親が高血圧の場合は発症リスクも高いようです。

 

高血圧になると、動脈硬化リスクが高くなり、降圧剤を利用した薬物療法や定期検診、禁煙や生活習慣の改善が必要になります。発症を避けたい生活習慣病のひとつですが、高血圧対策にもポリフェノールは効果が期待されています。

 

ポリフェノールは抗酸化作用が優れていて、「血液サラサラ効果」があります。動脈硬化対策にも良いと言われているように、血液系をサポートしてくれます。

 

血液は脂質が溜まることでドロドロになり、その粘度を増した血液が血管に負担をかけて高血圧を招くことがあります。

 

脂質は酸化すると過酸化脂質になり、さらに血管壁を攻撃してしまいます。ポリフェノールは優れた抗酸化力によって、その酸化を防ぎ、間接的に高血圧対策をサポートします。

 

また、ポリフェノールを含む赤ワインは、高血圧の原因になるナトリウムの排出を促すカリウムも含んでいるため、より効果的に高血圧対策になります。

 

ただ、赤ワインはお酒ですから飲み過ぎは体によくありません。

赤ワインポリフェノールが摂れるサプリメントなどを活用した方が効率よく健康サポートになります。