ポリフェノールの更年期障害対策効果

ポリフェノールの更年期障害対策効果

ポリフェノールの更年期障害対策効果

女性は50歳前後になると、更年期に突入します。

 

更年期になると、

のぼせや発汗、頭痛、イライラ、倦怠感などの様々な症状が起こります。これを更年期障害と言います。


個人差がありますが、症状がつらく動きたくても体が動かせないほど重くなる女性も珍しくありません。

 

なぜ、更年期障害が起こるのかというと、女性ホルモンのバランスの変化に原因があります。

 

女性はエストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスが保たれることで、体の調子も安定しています。ところが、更年期になると、エストロゲンの分泌量が減ってしまうため、ホルモンバランスが乱れ、諸症状を引き起こしてしまいます。

 

エストロゲンをカバーすることにより、更年期障害を対策することができます。

 

そこで役立つ栄養成分が、ポリフェノールです。ポリフェノールの中でも、大豆由来の「大豆イソフラボン」が更年期障害に効果的な種類です。

 

大豆イソフラボンは大豆製品に含まれていて、体内に入るとエストロゲンと似た働きを行います。この性質から、大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

 

減っていくエストロゲンをカバーすることによって、更年期障害の症状の対策や緩和に効果が期待できます。

 

また、同様に女性ホルモンのバランスの乱れからくる月経不順や月経前症候群(PMS)の改善にも大豆イソフラボンが効くと言われています。

 

ただ、注意事項があります。

大豆イソフラボンの過剰摂取です。摂り過ぎてしまうと、かえってホルモンバランスが乱れる原因

になるので注意してください。