ポリフェノールの効果的な摂取量はどの位?

ポリフェノールの効果的な摂取量はどの位?

ポリフェノールの効果的な摂取量はどの位?

 

私たちは酸素を吸って生きていますが、エネルギーを作るために酸素が使われた際に、余計な分は酸化し、体の中で活性酸素が盛んになり老化が進んでしまいます。
もともと体内には抗酸化成分は存在しますが加齢とともに減少してしまうため、ポリフェノールを摂ることにメリットが生まれます。

 

ポリフェノールを摂取するにしても、少し摂っただけでは効果はそれほど出ません。
効果を得るためには、1日におおよそ1,000〜1,500mgの摂取が必要とされています。

 

様々な栄養成分の中でもポリフェノールは比較的、効果が素早くあらわれます。即効性があるのですが、その反面、持続性が低いとされています。大体効果の持続時間は3〜4時間程度となっています。
このような特質を踏まえて、小分けに摂取して1日に1,000mgは摂るようにしてみてください。

 

ただ、ポリフェノールを含む食べ物や飲み物のみでの摂取には限度があります。
たとえば、プレーンは100g中に189mg、ぶどうは100g中に160mg、りんごは100g中に29mgが含有量の目安です。

 

このように食べ物だけでは効果的に摂ることが難しいので、サプリメントが薦められています。
サプリメントも1日4粒が目安のものなら小分けに飲むなど工夫してみてください。

 

ちなみに、赤ワインを飲む場合はグラス2杯くらいがちょうどいい量とされています。
赤ワインポリフェノールは様々な種類のポリフェノールを含んでいるので、実にすばらしい効能に期待できます。飲み過ぎには注意してくださいね。