ポリフェノールのアンチエイジング効果

ポリフェノールのアンチエイジング効果

ポリフェノールのアンチエイジング効果

以前、ポリフェノールが美白効果に期待できることをご説明しましたが、ポリフェノールはアンチエイジング効果もあります。

 

若々しさのキープや、若さを取り戻すためにエイジングケアをされている女性に嬉しい成分なのです。

 

その理由はやはり、ポリフェノールの抗酸化作用にあります。体がサビつくという言葉があるように、体内で活性酸素が発生すると細胞が酸化していき、サビついてしまいます。すると、肌の細胞も酸化していきます。

 

ターンオーバーによって新しい細胞に生まれ変わるのですが、加齢とともにターンオーバーのサイクルも長くなるため、古い細胞が残り加齢を感じる肌になってしまいます。

 

顔を含め老けさせる原因が活性酸素にあることから、ポリフェノールはエイジングケアに役立ちます。様々な栄養成分の中でも優秀な抗酸化作用を持っているためポリフェノールを摂ることによって、活性酸素を除去しアンチエイジング効果を発揮します。

 

また、シミやくすみなど年齢を感じさせるトラブルはメラニンの生成も携わっています。このメラニン生成を抑制するポリフェノールもあります。エラグ酸」というポリフェノールが、どちらにも有効でアンチエイジングに効果的です。

 

りんごやいちご、ナッツなどに含まれています。ポリフェノールは食べ物からも摂れますが、サプリメントの「赤ワイン習慣」などで手軽に補うことができます。

 

また、ポリフェノールは抗菌作用も持ち合わせています。そのため、大人ニキビなどの発生を防ぐなど、様々な側面から美容をサポートしてくれます。

 

美肌を意識している女性には必須の栄養成分として注目を浴びています。ポリフェノールを摂ることで、体内から美しい肌作りのサポートになります。