ポリフェノールのアルツハイマー予防効果

ポリフェノールのアルツハイマー予防効果

ポリフェノールのアルツハイマー予防効果

医療を取り上げているテレビ番組などでも、よく「アルツハイマー」という病気を題材にしています。

 

アルツハイマーや痴呆症に対して、「まさか自分が」と他人事のように考えていないでしょうか。現在は若年性のアルツハイマー型痴ほう症も目立ち、決して他人事ではありません。

 

老化現象と思われがちですが、生活習慣次第で対策していくことはできないことではありません。

 

アルツハイマーや痴ほう症の予防においても、ポリフェノールが注目され、今もなお研究が進められています。ポリフェノールを含む食べ物は色々とありますが、とくに赤ワインが良いと言われています。

 

赤ワインポリフェノールの一種である「レスベラトロール」は特殊な働きを持っています。

 

抗酸化作用に優れていて、このレスベラトロールには、遺伝子細胞を活性酸素から守る働きがあります。そのため、長生きをサポートすると言われています。そして、脳細胞の活性化にもなることから、アルツハイマー対策にも効果が期待されているそうです。

 

また、赤ワイン自体はポリフェノール以外にも様々な栄養成分を含んでいます。

 

たとえば、ミネラルの一種であるマグネシウム脳細胞を活性化させるのでアルツハイマー対策によく、同時に血液サラサラ効果で脳への栄養・酸素補給もスムーズになります。

 

ポリフェノールとの相乗効果に期待できる栄養成分を含んでいることも、赤ワインが健康に良いと注目されている理由になっています。
ただ、赤ワインはお酒ですから飲み過ぎには気を付けてください。